活動内容

耐震評価機関としての活動

brace.jpg現在「横須賀耐震判定委員会」との調整役となり、多くの実績をあげている「横須賀地域耐震研究会」(ミーズ内組織)による耐震評価業務です。「建築物の耐震改修の促進に関する法律」による補助金申請に必要となる耐震判断基準として、横須賀のみならず、神奈川県内外と広く自治体にも活用されています。(ミーズは「既存建築物耐震診断・改修等推進全国ネットワーク委員会」のメンバーです。横須賀地域耐震研究会(PDF:410.0 KB)

マンション等の大規模修繕

chu_ohhaitsu.jpg自主管理によるマンションでは管理組合の担当者に大きな負担がかかります。また個人的な立場で特定の設計事務所や工務店に相談すると、いろいろと問題が生じてしまいます。協同組合という受け皿は、その点、公平な立場ということで、信頼していただけます。きめ細やかな提案と、専門知識を必要とする業者選定から、管理までお手伝いいたします。また、単に修繕だけではなく、法的な問題を抱えた、長期にわたる改築・増築計画にも対応でき、総合的な提案を行います。

設計活動

hirasaku.jpg町内に、気軽に相談できる大工さんや工務店があっても、気軽に相談できる設計事務所がないと思っている方も多いかと思われます。建物を実現させる過程においては、法令や提案、新技術、予算等様々な検討事項が生じます。まずは、プロとしての意見が言える設計事務所を交えて、検討を重ねることが、良い建物へと導く方法だと思います。また単に設計だけでなく補助金等の申請など自治体との調整作業が発生する場合もあります。
ミーズは三浦半島地域の核となる施設を多く創造してきました。またミーズのメンバーも単独の事務所として三浦半島に多くの実績があります。メンバー同士は仲間でありながら、同時にお互いを刺激し合うライバルでもあります。ミーズの設計方針はミーズを窓口として内部で設計コンペ及び検討会を行い、担当事務所を決め、他事務所のチェックを受けながら設計を行います。
協同組合だからといって、大きな物件ばかりを取り扱っている訳ではありません。住宅・店舗・改修・リフォームなどどんなことでも、お気軽にご相談ください。ミーズへの相談窓口は1つでも数社との相談結果に等しいとお考え下さい。

これからの取り組み

ミーズ設計連合協同組合も設立25周年を迎え、人間の年齢ではようやく成人になりました。この25年間は主に建物の新築から始まり、既存建物の改修・増築、耐震改修、大規模修繕等建物と関係する活動を行ってきました。
21世紀は環境の時代と言われています。今後、ミーズは三浦半島の地域の設計集団として、今までの活動に加え、環境に配慮した建物やまちづくりに活動の場を広げ、環境問題が地域の身近な問題意識となるよう努力していきます。
また設計業務とは離れて、環境美化活動や緑化運動そして景観保存運動等の活動支援、次世代の子供たちへの環境教育や景観町づくり教育へのお手伝い、地域活性化への相談相手、地域福祉のお手伝い等地域のシンクタンクとして身近な頼れる設計集団として努力し,活動して行きたいと思います。

検索

Introduction

私たち、ミーズ設計連合協同組合は各々が個性を持った設計事務所の集合体です。“公共建築の....続きを読む

  • チーム・マイナス6% みんなで止めよう温暖化